お金のこと

食費を月1万円減らす!野菜を冷凍保存するベジ冷凍のすすめ【節約】

野菜を冷凍保存するベジ冷凍のすすめ (1)

家賃や保険などの固定費を除いて、一番節約しやすいお金って何だと思いますか?

 

変動費の中で節約しやすさNo1は「食費」です。

少し見直しただけで、すぐにある程度の効果が出るのでやる気も継続しやすいというメリットもあります。

しかし、なぜかあと一歩目標金額に届かないという家庭が多いです。

実は我が家も無駄買いをなくして月1万円はすぐに節約できたのですが、もう1万円がなかなか節約できませんでした。

なんとかしてもう1万円節約したいなと悩んでいた時に出会ったのが「ベジ冷凍」です。

もっと野菜を!生のままベジ冷凍 時短!節約!おいしくなる新常識 (Lady bird Shogakukan jitsuyo s) [ 島本美由紀 ]
created by Rinker

生のまま野菜を冷凍するという保存方法なのですが、ベジ冷凍を取り入れただけで我が家の食費がすんなり1万円下がりました。

 

なぜ食材の保存方法を取り入れただけで食費を減らすことができるのか?不思議に思いますよね。

今回は「月1万円食費を減らすベジ冷凍」についてご紹介いたします。

 

・節約したい
・食費を減らしたい
・貯金を増やしたい
・食品ロスをなくしたい

1つでも当てはまる方におすすめの記事です。

 

食費を下げる3つのポイント

そもそも食費を下げるためには、大切な3つのポイントがあります。

 

スーパーに行く回数を減らす

1つ目は「スーパーに行く回数を減らす」ことです。

スーパーに行く回数が減ると無駄買いが減り、より慎重に買い物ができるようになります。

スーパーでの買い出しは、多くても週3回までにおさえましょう。

 

安い日にまとめ買いをする

2つ目のポイントは「安い日にまとめ買いをする」ことです。

単純に安い日に買い物をすれば、それだけ食費が安くなります。

どんなスーパーにも特売日がありますよね。

曜日固定ならその日を狙っていけばいいですし、ランダムの場合はチラシとにらめっこしてスーパーに突撃しましょう。

車を使えるのであれば、週に1度激安スーパーに足を運んでまとめ買いするのもいいですね。

 

食品ロスをなくす

安い日にたくさん食材を買いこんで、スーパーに行く回数を減らすことは食費を減らす上で必要なことですが、1番大切なのは「食品ロスをなくす」ことです。

どんなに安く買った食材でも使い切れずに捨ててしまっては意味がありません。

食材を捨てるということはお金を捨てているのと同じです。

買った食材は絶対に捨てずに、すべて使い切ってください。

 

とはいえ、まとめ買いをしてしまうと、どうしても傷んでしまう食材がありますよね。

そんな時の強い味方が「ベジ冷凍」です。

 

野菜を冷凍して食費が節約できる理由

それでは、なぜベジ冷凍で食費を節約できるのかをご説明いたします。

 

食費を下げるポイントをおさえている

食費を節約するために必要なポイントは下記の3つです。

  1. スーパーに行く回数を減らす
  2. 安い日にまとめ買いをする
  3. 食品ロスをなくす

1と2は両立しやすいですが、たくさん買いこんでしまうとどうしても3の食品ロスが起こりやすくなります。

 

これを解決するのがベジ冷凍です!

ベジ冷凍することで特売日に買いこんだ野菜を長期保存でき、結果として食品ロスをなくすことができます。

 

時短は節約につながる

ベジ冷凍の利点はもう1つあります。

それはベジ冷凍をする際、野菜を切ってから保存するので、実際の調理時間を短縮できることです。

炒め物ににんじんを追加で入れようかなと考えた時、千切りして冷凍してあるにんじんをフライパンに入れるだけで済んでしまいます。

冷蔵庫から出して千切りにして、という工程がいりません。

しかも、冷凍した野菜の多くは火が通りやすくなるので、炒め時間も短くなります。

 

時短が叶うということはそれだけ時間があまるということです。

あまった時間で節約レシピを調べることもできますし、家の整理をしてメルカリ出品でもすればおこづかいまでゲットできてしまいます。

ベジ冷凍で節約して、自由時間まで手に入れてしまいましょう。

もっと野菜を!生のままベジ冷凍 時短!節約!おいしくなる新常識 (Lady bird Shogakukan jitsuyo s) [ 島本美由紀 ]
created by Rinker

 

おすすめ野菜の冷凍の仕方

にんじんの千切りは常備

では実際にわたしが「ベジ冷凍」を行って、ぜひ冷凍保存を活用して欲しいと思った野菜をご紹介いたします!

まず絶対に常備して欲しいのがにんじんの千切りです。

にんじんの千切りって地味に時間がかかりますし、スライサーも出すのが面倒だったりします。

時間のあるときにまとめてにんじんを千切りにしておき、冷凍保存しておけば使いたいときにさっと取り出せて便利です。

にんじんの冷凍保存を常備するようになってから、我が家の食卓は彩りがきれいになりました。

だいたい、いつも4袋分くらいジッパーで保存しています(笑)

 

たまねぎはみじん切りとくし切り

切るのが面倒といえば、たまねぎのみじん切りもですよね。

わたしはフードプロセッサーを使っていますが、一度使ったらついでに2〜3個分はみじん切りにしてベジ冷凍しています。

たまねぎはみじん切りだけではなく、くし切りも使用頻度が高いのでくし切りの状態でも冷凍しておくと便利です。

 

節約の味方もやしも即冷凍

節約野菜といえば、もやしですよね!

副菜だけでなく、メインのかさ増しにも使えます。

いつでも安いので買いだめしておく必要はないのですが、もやしは意外と日持ちしません。

とりあえず買っておくかと思って冷蔵庫にいれておくと、いつの間にか消費期限が過ぎてしまいます。

買ったその日に使わないのであれば、もやしもすぐに冷凍しておきましょう。

開封前であればそのまま冷凍庫に入れられますし、開けた場合でも切ったりの手間なくジッパーに入れて保存できます。

 

使い切れないキャベツは冷凍

最後におすすめしたい野菜はキャベツです。

キャベツは1/2玉よりも1玉まるごとのほうがお得ですし、1玉買うという家のほうが多いのではないでしょうか?

キャベツの使い道はいろいろありますが、使い切れなくて捨ててしまうということの多い野菜だと思います。

キャベツを買ってきたら、半分はすぐにベジ冷凍してしまいましょう。

我が家では千切りにして生のまま食べることも多いので、半分はそのまま冷蔵保存しています。

 

食費をあと少し節約したい!と考えている方、ぜひ「ベジ冷凍」を始めてみてくださいね。

もっと野菜を!生のままベジ冷凍 時短!節約!おいしくなる新常識 (Lady bird Shogakukan jitsuyo s) [ 島本美由紀 ]
created by Rinker

紹介した以外の野菜やきのこなど冷凍保存方法も載っているので手元にあって損はない1冊です。

後ろのほうには冷凍野菜を使った実際のレシピも紹介されています。

冷凍以外にも食品を長く保存する方法が知りたい!という方には「もっとおいしく、ながーく安心 食品の保存テク」がおすすめです。

食品の保存テク もっとおいしく、ながーく安心 [ 朝日新聞出版 ]
created by Rinker

ABOUT ME
Akiko
専業主婦のアラサーママ。引きこもり体質な在宅ワーカーです。