育児のこと

【離乳食】魔の20日目!食べが悪くなった時の対処法

【離乳食】魔の20日目!食べが悪くなった時の対処法

離乳食の食べが急に悪くなったという経験はありませんか?

我が家はあります。

最初はパクパク食べていてくれた娘が離乳食開始20日を過ぎたあたりから、急に食べてくれなくなりました。

おかゆはもちろん、好きだったはずのにんじんも残してしまうという状態です。

 

そこで今回は食べが悪くなった時にわたしが行った対処法をご紹介いたします。

 

開始20日目頃の離乳食拒否は多い!?

娘の離乳食拒否は開始20日目でした。

実はこのタイミングで離乳食を拒否するのは珍しいことではないようです。

インスタでも同時期に食べなくなってしまったという投稿を目にしました。

 

娘の様子を見てみると下記のことが原因ではないかと思われます。

・慣れてきたので自分の好き嫌いがわかってきた

・食べたくない時は口を開けなければいいと気づいた

・食事量が増え時間がかかるようになったので集中力が持たない

おそらく食べない理由は十人十色、赤ちゃんによって異なるでしょう。

赤ちゃんの様子を観察して、食べない理由を予想しておくと対処法が見つかるかもしれません。

 

食べが悪くなった時の対処法

気にせず食べる分だけ与える

ゴックン期の離乳食は食べる練習です。

食べなくても食べる分だけ与えれば問題ありません。

と言われ、気にせず食べる分だけ与えてました。

しかし、用意した離乳食をほとんど残されるとメンタルにくるんですよね…

わたしには向かないなと思いました。

 

好きな食材だけを与える

だんだんと好き嫌いがわかってくる時期なので好きな食材だけ与えるというのも1つの手です。

ただ娘の場合、好きだったにんじんすら拒否されてしまったので効果はありませんでした。

のんびりペースで食材を増やしていたのですが、もっと選択肢が多かったらまた違ったかもしれません。

今、娘はバナナが大好物なので、20日過ぎの離乳拒否の時期に食べさせればよかったかなと思います。

 

椅子やスプーンを見直す

我が家ではテディハグ+陶器の薄いフィーディングスプーンで娘に離乳食を与えていました。

ですが、離乳食に飽きると娘はテディハグの上で足をつっぱって脱出しようとします。

またフィーディングスプーンが陶器のため、離乳食が冷めると冷たいのが嫌な様子でした。

思い切ってどちらも変えてみると、それが正解だったようです。

劇的に…とまではいきませんが、食べが良くなりました。

※慣れてきたので現在はテディハグに戻しています。

 

少しおやすみする

一番おすすめで一番効果があったのが「少しおやすみする」ことです。

個人的に離乳食食べてくれないことにかなり落ち込みました。

なんで食べてくれないんだろう…って悩みましたが、結局のところ「娘の気分」なんですよね(笑)

だったら自分の精神衛生のためにも、離乳食をおやすみするのが一番でした。

 

おやすみしたほうが食べがよくなる場合もあります。

 

離乳食開始50日目にどうなったか?

離乳食開始50日目の現在、娘は再び離乳食を食べてくれるようになっています。

1回30分と時間はかかってしまいますが、完食してくれることのほうが多いです。

食べられる食材も増え、アレンジしたりして離乳食を楽しんでいます。

 

※食べない日もまだあるので、量を減らしたりして対応

ABOUT ME
Akiko
専業主婦のアラサーママ。引きこもり体質な在宅ワーカーです。