夫婦のこと

恋愛結婚でも妻が夫を嫌いになってしまう原因とは?変わったのは夫?妻?

恋愛結婚でも妻が夫を嫌いになってしまう原因とは?

突然ですが、夫婦仲はいいですか?

仲良しです!と即答できる人がいる一方で、あんまりよくないという方もいますよね。

 

好き合って結婚したのに一体、何故でしょうか。

今回は恋愛結婚でも妻が夫を嫌いになってしまう原因をご紹介いたします。

 

・恋愛結婚だったのに夫婦仲が悪い方
・いつまでも夫を好きでいたい方
・夫に対してイライラしてしまう方
・妻に嫌われているのが辛い方

 

夫を嫌いになる原因は夫婦どちらにもある

夫が嫌いという方は全部夫が悪い!と思うかもしれませんが、原因はどちらにもあります。

どちらか一方だけが悪いということはありません。

そんなことない!と思う方のために、それぞれの原因を見ていきましょう。

 

夫側の原因

まずは夫側の原因です。

夫が嫌いな女性に嫌いな理由を尋ねると、とんでもない量の愚痴が飛び出してきます。

 

それだけ夫に原因があると思うかもしれませんが、実は夫側の原因はたった3つだけです。

その3つが妻の不満を無限に引き出す諸悪の根源となっています。

 

変われない男性

一番の原因は男性が変われないことです。

 

いやいや、うちの旦那は変わったの!と思う方もいるでしょう。

けれど、よく考えてみてください。

変わったのは本当に旦那さんですか?

 

もしかしたら、変わったのは自分かもしれません。

家事をしないのも、ゲームをするのも、休日にゴロゴロするのも、昔からやっていたことではないでしょうか?

おならをするのもげっぷをするのも今に始まったことではありません。

昔はそれを許せていたのに、許せなくなったのです。

 

男性はそう簡単に変われません。

厄介なことに、こっちが変えようとしても変えることは難しく、本人が変わろうと思わなければ変わらない生き物です。

 

中には昔は家事を手伝ってくれていたのに、最近は手伝ってくれないという旦那さんもいるでしょう。

これも実は男性側は何も変わっていません。

昔は自分がしたいから家事を手伝っていただけで、今はしたいと思わないから家事をしないだけです。

 

男性が変われないという理由だけで、世の中の夫に対する不満はほとんど説明することができます。

 

加齢による容姿の劣化

歳を重ねることは仕方ありません。

体型が緩んだり、髪が薄くなったり、臭いがきつくなることもあるでしょう。

 

けれど、見た目というものは大切です。

自分が好きで結婚した相手の姿が見る影もないという状態になれば、その時の恋心を思い出すのは難しくなりますよね。

 

許せていた欠点も、劣化した容姿では許せなくなるということがあります。

歳を重ねるのはお互い様ですが、最低限の身だしなみは整えて欲しいですね。

 

男性機能の衰え

歳を重ねると、男性機能も衰えます。

仕方のないことですが、女性側からすると仕方がないで済まされたくない問題です。

 

夫婦生活の不満は生活全体の不満につながります。

前までは夫のためにしてあげたいと思っていたことも、夫婦生活がなくなっている場合、「自分を女扱いしてくれない男のためになんでがんばらないといけないの?」と思ってしまうのが女心です。

プライドの高い男性ほど向き合いたがらない問題なので、解決するには骨が折れるでしょう。

 

妻側の原因

それでは妻側の原因もご紹介いたします。

意外かもしれませんが、嫌っている妻側が原因の場合もあるのです。

 

ホルモンバランスの変化

女性はたった1ヶ月の間でも体と心に変化が起こります。

月経だけではなく、妊娠出産、ストレス、加齢などでも変わっていくでしょう。

女性はホルモンバランスの変化とは閉経まで付き合っていかなければいけません。

 

体と心が変わるということは、物事の見方も変わってしまいます。

許せていたことが許せなくなることもあるでしょう。

好きだった夫を嫌いになってしまったのは、自分自身の価値観が変わってしまったからかもしれません。

 

優先順位の変化

生きていれば、その時々で大切なものは変わっていきます。

結婚当初は夫が一番大切だったかもしれません。

しかし、子供が産まれれば子供、仕事で大きなことを任されれば仕事というふうに、優先順位は変わることがあります。

この優先順位の変化により、一番大切だった夫が邪魔な存在になってしまうこともあるでしょう。

 

変わった自覚がない

男性が変われない一方で、女性は変わる生き物です。

変わること自体は悪いことではありません。

女性は変化に強く、状況に応じた対処ができるとも言えます。

 

しかし、自分が変わったことに気づける女性は少数派です。

ほとんどの女性が自分が変わったという自覚がありません。

 

昔の大好きだった夫に戻って欲しいと願ってもそれは無理な話です。

変わってしまったのは女性側なので、自分が再び変わらなければ状況は変わりません。

 

お互いに原因があることを知っておこう

妻が夫を嫌いになってしまう原因は夫婦それぞれにあります。

自分だけに原因があるよりも、解決するのは困難になるでしょう。

 

しかし、解決できないわけではありません。

大切なのは、お互いの原因を知ることです。

相手が悪いと思っていたけれど、自分にも悪いところがあったんだなと自覚する必要があります。

 

相手を変えることは夫婦であっても難しいものです。

まずは、自分自身で改善できるところは改善していきましょう。

ABOUT ME
Akiko
専業主婦のアラサーママ。引きこもり体質な在宅ワーカーです。